子どもが自分を好きになる!自己肯定感を高める育児のコツ(心理学ライター)

みなさんは、「自己肯定感」という言葉を聞いたことはありますか?鬱病を患いながら、障害のある子どもたちと関わる仕事をしてきた筆者が、豊かな人間性と心の健康のために最も重要なものとして辿り着いたのが、自己肯定感という要素です。筆者自身、自己肯定感が低いがゆえに、いじめや鬱病、仕事が長続きしない……など様…

人気ドラマ「逃げ恥」の平匡やみくりに学ぶ!自分の魅力が伝わる自己紹介のコツ(ビジネスライター)

「自己紹介が苦手、何を話せばいいの?」という方いらっしゃいませんか?自己紹介は、自分の魅力を伝えるチャンスでもあるので、大いに活用したほうが、実は得なんです!イベントを主催することが多い筆者ならではの気づきを活かして、人気ドラマ「逃げ恥」を題材に、ついやってしまう自己紹介、そして自分の魅力が伝わる自…

大流行の理由は”音の数と頻度”?「PPAP」の歌詞を音声面から徹底分析してみた(音声学ライター)

もはや日本で知らない人はいない、ピコ太郎のPPAP。本家本元のピコ太郎の動画だけでもYouTubeでの再生回数は1億回をゆうに超え、全米ビルボード・ソング・チャートトップ10に入った世界最短の曲としてギネス世界記録にも認定されました。またこの大流行の波はさまざまなバリエーションを世界各国で生みました…

重い生理痛にも効果てきめん!私を変えたシンプルな習慣「冷えとり健康法」の魅力(健康ライター)

度重なる不定愁訴や重い生理痛、逆流性食道炎など……数年前までは、これでもかというくらい不健康の塊だった私。限界を感じつつあったある日、ふと私はとある健康法のことを思い出しました。その名も「冷えとり健康法」です。 この健康法を続けた結果、今では不調が改善され、以前と比べ物にならないくらい楽に生活できて…

最初の通販商品は“トウモロコシの種”!日本における通信販売の歴史(ECライター)

今や国内の市場規模が7兆円に迫る勢いの「通信販売(通販)」ですが、そもそも通販という販売手法は日本でどのようにして生まれ、広がっていったのでしょうか?その歴史を遡ってみると、当時の時代背景や消費者ニーズを読み取ることができます。国内初の通販商品として雑誌に登場した“トウモロコシの種”から始まり、戦争…

新薬開発を陰で支える「CRC(臨床研究/治験コーディネーター)」の仕事(医療ライター)

「新薬の開発にかかわる仕事をしている」と私が言うと、周りには「なんだかカッコイイ」と言われます。一方で、「動物実験はかわいそう」、「臨床試験のおてつだいは人体実験?」という意見もちらほら。新薬開発の関連職として働くあいだ、自分の仕事をいろいろなことばで表現してみましたが、「同じことを指しているのに反…

【HIPHOP】ラップ上達の秘訣はここにあり!「サイファー」に参加する際の3つ心得(日本語RAPライター)

TV番組『フリースタイルダンジョン』『高校生ラップ選手権』などが火付け役となり、再度ブームが到来している日本語ラップ。メディアへの露出もどんどん増えており、徐々に身近なカルチャーへと成長しています。ヒップホップ・ラップの最大の魅力は、ビートさえあれば場所を問わずできてしまう手軽さにあります。みなさん…

【超入門】これまでの人工知能とは何が違うのか?5分で分かる「ディープラーニング」の仕組み(ITライター)

ここ最近、ビジネスの世界で人工知能が取り上げられる機会が増えてきました。その要因となっているのは「ディープラーニング」と呼ばれる技術の登場です。 この技術が広く知られる以前、私は就活の際に「人工知能を米国の大学で学び興味を持ったので、日本の仕事にも活かしたい」と言ったことがあります。それは日本人なら…

「巫女舞」への招待 〜現役の神社巫女・舞い手が語る巫女舞の美しさ〜(伝統文化ライター)

長い歴史を持つ日本には、伝統に裏打ちされた美しい文化がたくさんあります。「巫女舞」も、そうした優れた伝統文化のひとつです。巫女舞とは文字通り、神事の際に巫女によって舞われる奉納舞のこと。しかしながら、ふつうの生活のなかで巫女舞を観る機会などそうそうあるはずはなく、詳細はあまり知られていません。 そも…

【本×食】作中に登場する食べ物から見る、作家“川上弘美”作品の世界観(文学ライター)

映画やアニメに出てくる食べ物に思わず喉がごくりと動く、という経験をしたことのある人も多いと思います。私の場合は、ジブリ映画『天空の城ラピュタ』でパズーが食べていた目玉焼きのパンや、洋画に出てくるテイクアウトの紙のランチボックスにずっと憧れていました。 もちろん、小説内で出てくる食べ物も、言わずもがな…