原案者・田尻智氏も太鼓判!大人も楽しめる漫画『ポケットモンスターSPECIAL』の魅力(エンタメライター)

「ポケットモンスター」略して「ポケモン」。日本は勿論、今や世界中でもファンの多い大人気作品です。ゲームやアニメを中心に、20周年を超えた今も多くの人に愛されています。そんなポケモンですが、まだまだ最初のポケモン世代より上の層では「ポケモンは子供向け」と認識されている人も多くいます。また、ポケモン世代…

なぜハリウッド女優がこぞって作品に出演したがるのか――ウディ・アレンとその映画の魅力(エンタメライター)

好きな人と嫌いな人が大きく別れるウディ・アレン作品。特別彼の撮る映画が好きではなくても、一度は観たことがあるという人も多いのでは? 実は彼ほど私生活や思想、過去が取り沙汰される監督もそうおらず、それらが深く関連しているところをみてもとても興味深いのです。彼の人となりや宗教観、少しぶっ飛んだ人生模様と…

趣味は仕事になり得るか?20年のキャリアから考察する「ゲームライター」という職業

ライターの仕事は、例えば医師や調理師のような資格・免許のある仕事ではありません。極端なことを言ってしまえば、自称○○ライターと名乗っても誰かに咎められることもないのです。そんな数あるライター業のひとつに、「ゲームライター」という職業があることをご存知でしょうか。当記事では、自身の経験をもとに「ゲーム…

インテリアコーディネーター直伝!空間を変える電球・照明選びのコツ(インテリアライター)

照明は光源の種類と使い方で驚くほど空間は変わります。家具や内装にどれだけ凝ったとしても、照明が台無しであればこだわったインテリアもせっかくの魅力が発揮できません。照明や電球を選ぶ際に、照明器具などの意匠的なデザインと違い、種類がたくさんあってわかりにくいのが「電球の種類」ではないでしょうか。照明器具…

Google BANを回避せよ!開発者が知っておくべき「アカウント停止」の恐怖とその対策(ITライター)

インターネットを利用している人でGoogleのサービスを利用していないという人はかなりまれかもしれません。GoogleのAndroid端末からGoogle検索に始まり、表示されたサイトにはGoogleの広告が表示されるといった、普段から何気なく行っている動作には深くGoogleが関わっていることがわ…

アジアビーチで旅育!離島好きトラベラー直伝「子連れ家族旅行」の極意(トラベルライター)

子供の長期休み。家族で思い切って海外旅行ともなれば楽しいイメージでいっぱいです。しかし、蓋をあけてみれば家族げんかだらけの疲れる旅だったというのは実はよくある話。他人には言えませんけどね(笑) そもそも、子供にとって長時間の移動は苦痛です。街歩きにショッピング、観光地巡りも魅力的ではありません。子連…

地方で生まれ育った若者のリアル~炭焼きで集落存続に挑む~(地域ライター)

地方への移住の前に、知って欲しいことがある。 地方(過疎地域)への移住者は、全体の約50%が20~30代の若者たちだ。世のなかには移住先となる場所に関する様々な情報があふれている。しかし、定住に繋げるための重要な「ある情報」は少ない。それは、「そこで生まれ育った同世代の地域住民に関する情報」だ。 都…

『レ・ミゼラブル』の魅力は”脱線”にあった!原作から読み解くユゴーの真のメッセージ(文学ライター)

『レ・ミゼラブル』といえば、2012年のミュージカル映画(ヒュー・ジャックマン主演)が有名ですね。舞台作品としても、何度もリメイクされ続けている名作です。では、ヴィクトル・ユゴー原作の『レ・ミゼラブル』を読んだことはありますか?映画をきっかけに原作にチャレンジした人はたくさんいると思いますが、難解す…

『シャーマンキング』麻倉葉に学ぶ、現代社会に必要なゆとりある心の持ち方(マンガライター)

連載を終えてもなお固定ファンが多い少年漫画『シャーマンキング』。何故人々は当作品に飽くことがないのか。私は、「当時少年少女だった読者の心の教本になっているからではないか」と考えている。なぜなら、今でも作中の思想に影響を受けているという意見を度々見かけるのだ。私もその一人であり、特に主人公・麻倉葉の考…

恐怖がなぜ笑いに!?作家・飴村行が示した「ホラー=コメディ」という新機軸(エンタメライター)

飽和状態のホラー界において、近年の一大ニュースとなった、“作家・飴村行(あめむらこう)のデビュー”。乱立する有象無象に食傷気味だったホラー好き達が度肝を抜かれた「粘膜人間」から数年。一人でも多く同志を増やすために、我々を惹きつけ続ける飴村作品の魅力を、今回は“笑い”という切り口から考察していく。 「…

1 / 1512345...10...最後 »