メタルの帝王「Ozzy Osbourne」と彼を支えた”最高”のギタープレイヤーたち(音楽ライター)

ヘヴィメタルの源流・元祖であるとも言われるのが、68歳になった現在でも精力的に活動しているOzzy Osbourne。悪魔崇拝を感じさせるような演出やコウモリを食べるなどの奇行により『マッドマン』と呼ばれているが、彼の楽曲はデビューからおよそ五十年経った今でも人々の心を掴んで離さない。ロックやメタル…

渋谷で手軽に本格派クラシックライブを!「LIVING ROOM CAFE & DINING」に行ってみた(エンタメライター)

堅苦しい印象を持たれがちなクラシック音楽ですが、2005年に東京で始まった「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭」や、連ドラ「のだめカンタービレ」(2006年)のヒットをきっかけに、少しずつ敷居が低くなってきたようです。そんな中、渋谷駅の徒歩圏内に、食事をしながら気軽に音楽を楽しめる…

プチプラでも超優秀!コスメブランド「キャンメイク」が世代を超えて愛される理由(コスメライター)

プチプラコスメブランドの代表格とも言えるキャンメイク。イメージモデルの可愛らしさや手頃な値段から、ティーンを含む若者を主なターゲットにしていると思われます。そんなブランドターゲットにも関わらず、キャンメイクはティーンから大人の女性まで幅広い世代から人気を集めているんです!プロのメイクアップアーティス…

なぜこれほどまでに刺さるのか?インディーズ音楽レーベル「UKプロジェクト」の魅力(音楽ライター)

この歌手のレコード会社はどこだろう――。音楽を聴くとき、そんなことを気にする人はそういないと思います。私も、昔から音楽をたくさん聴いていたのにも関わらず、特段気にしていませんでした。ただ、あるとき気付いたのです。自分が愛して止まないアーティストのほとんどが、「UKプロジェクト(以下:UKP)」に所属…

2,000時間以上の実践で導き出した「マインドフルネス瞑想」のやり方と効果(ヘルスケアライター)

”意図的に、今この瞬間に、価値判断をすることなく注意を向ける”   Kabat-Zinn,1994 これが、マインドフルネスという言葉の定義です。そしてマインドフルネス瞑想とは、誰もが習得できる人生の技法のひとつです。このマインドフルネスな”今を生きる”という感覚に近づいていくに従い、あな…

400年前の日本は「イクメン」だらけ!?江戸時代の育児事情から考察する現代の子育て問題(育児ライター)

はじめて子どもが産まれたときは、それはもうバタバタとした毎日でした。子どもに異常がないか常に神経を尖らせ、寝不足が何年も続き、体力も気力も限界。ギリギリ生活できていたように記憶しています。 特に気を遣っていたのは、外で子どもが泣き出して迷惑にならないか、電車やショッピングモールなどで荷物やベビーカー…

それでも病院へ行くべき理由〜インタビューで明らかになった「うつ病」の実態〜(ヘルスケアライター)

今や日本の「国民病」のひとつに数えられる、うつ病。真面目な人が罹ると言われています。その中でも特に真面目な人は、うつ状態になっても「甘えているだけ」「『新型うつ』かもしれない」と思い込み、受診や治療をためらって、症状を悪化させるケースがあります。 うつ病は、適切な医療的ケアにより治すことができる病気…

栽培面積は全体の7割以上!日本人に愛される「やぶきた茶」の特徴とおいしい淹れ方(植物ライター)

みなさん、お茶はお好きですか?筆者である私は、麦茶、日本茶、紅茶と毎日いろいろ飲みます。とはいえ、お茶を毎日飲んでいる人であっても、その詳しい種類や特徴についてまで知りながら飲んでいるという人は多くないでしょう。かくいう私も知らない側の人間です。植物については常日頃から興味があるので、比較的調べてい…

保険会社の破綻や持病の取り扱いなど…知らないと損する生命保険の重要知識(保険ライター)

生命保険の加入経路は、生命保険会社の営業職員、保険代理店、窓口での販売に加え、インターネットやテレビ・新聞・雑誌を通じた通信販売型での加入など、様々な選択肢から選べるようになりました。最近では、加入の手続きだけではなく、契約者側が加入前に行う情報収集も人を介さないケースもあります。このように、現代で…

3度楽しめる美食の島!台湾グルメの楽しみ方と台湾料理の再現方法(グルメライター)

今や、台湾は人気観光地。その魅力のひとつは食の種類の豊富さ、多彩さにあり、日本人にもなじみやすい味が多い地域です。アメリカのニュース専門放送局CNNが2015年に発表した読者アンケート”グルメ旅行をするべき国ランキングトップ20”では、見事台湾が一位に。有名な店や本格料理店だけでなく、夜市やローカル…

1 / 1112345...10...最後 »